世界の健康茶「ルイボスティー」

商品名【まろやかアフリカンルイボスティー】


rbt_200

1991年の夏、南アフリカに奇跡のお茶があると知り現地に向かいました。
現地に到着してビックリしたことは、真冬なのに花が咲いているんです。
南アフリカは南半球、季節は日本の真逆、真冬なのにどんな自然原理で花が咲くのか?

その疑問は、ルイボスティの栽培畑に着いて解決しました。
畑に足を踏み入れて最初に確かめたのが土壌です。
ルイボスティが育つ大地は、土ではなく花崗岩の岩砂でした。

この花崗岩砂と花崗岩を持ち帰り、磁気共鳴装置と遠赤外線測定器にかけました。
結果は、高波動と高遠赤外線を含有したミネラル岩砂でした。
また、微生物の分析で古代の微生物「ソマチッド」も確認しました。

植物の根がこの微生物やミネラル成分でしっかりと守られていたから真冬でも花が咲いてたわけです。

この偉大な大地で育った「赤い茂み/Red Bush」を意味する「ルイボス」。
古くより南アフリカの先住民の日常的な飲み物として親しまれる一方で、「奇跡のお茶」「不老不死のお茶」として日々の健康のために飲まれ続けてきました。

近年、老化の原因として知られる活性酸素を抑える働きがあることが判明し、また、ミネラルバランスに優れてたルイボスティは、世界中で多くの人々に愛されています。

そして、カフェインがまったく含まれておらず、ポリフェノールもたっぷりで口当たりがいいことで、小さなお子様はもちろん、妊娠中や授乳中の女性、ご年配の方まで、家族全員が飲めるお茶として愛され続けています。

オリジナル焙煎仕上げのルイボスティは、独自の焙煎新製法で茶葉をまろやかに仕立て、どなたが飲んでも美味しく楽しめる様に、さらにおいしくいたしました。

【濃厚ポリフェノール】

ルイボスティにはこれだけのポリフェノールが入っています。

アスパラチン・ノソファジン、ケルセチン、ルチン、イソクエルシトリエン、オリエンチン、イソリエチン、ルテオチン、ヴィテクシン、イソヴィテクシン、クリソエリオール。

【美味しい召し上がり方】

専用のスプーンで、すり切り2杯(3g~3.5g)の茶葉を煮出し用のティーバッグに入れて、1500mlのお水で10分間に煮出してください。
*煮出さずに熱湯で飲んでも美味しくいただけます。
*冷蔵庫で冷やして飲んでも美味しくいただけます。

 

【ご質問・お問合せ】