腸管造血の真実

【人体の血球細胞は、26兆個】

体細胞、全37兆個の70%(26兆個)が、血球細胞です。

26兆個の血球細胞が、身体の隅々まで入り組んだ毛細血管の、長さ(10万キロメートル/地球2周半)を30秒か

ら1分で駆け巡ります。

【食(栄養は、血(血球細胞)となり、肉(体細胞)となる】

食物を材料として腸において造られる赤血球、赤血球から発現する白血球が体細胞になるという一連の流れを解

明すると、結局、体を造っているのは食物なのだとわかります。

腸で誕生した新しい血球は、私たちの体の隅々まで循環して、すべての体細胞に変わっていき、体を造っている

のです。

==================(森下啓一医学博士の論説より)

驚きですね。

血液は腸管で造られていることが、やっと世間に広まり始めました。

私の娘は医者の卵、骨髄造血論を主張しますが、西洋医学ではこれが普通、腸管造血はタブーなことなんだそう

です。

腸を元気にすることが如何に大切か理解できますね。

玄米から抽出した「イノシトール」と「フィチン」は腸細胞を元気にする栄養素。

毎日、摂取することで造血も促進されるわけです。

あなたの腸はお元気ですか?

コメントを残す