イノシトールと認知症

アルツハイマー病は、脳にアミロイドβというタンパク質がたまることを引き金に、タウタンパク質が糸くずのように集まり、脳の神経細胞が変性したり脱落したりして、脳が萎縮することがすでにわかっていました。

遺伝子研究が進むにつれて、アミロイドβは脳にある前駆体タンパク質が、γセクレターゼという酵素で分解されてできることがわかりましたが、γセクレターゼがどんな酵素なのかは不明でした。

通常多く見られるアミロイドβはアミノ酸が40個つながったものです。ところが、岩坪教授らは、患者の脳にアミノ酸が42個つながったアミロイドβ(アミロイドβ42)がたまっているのを発見しました。

アミロイドβ42は脳の中で固まりやすく、タウタンパク質の蓄積を促すなど発症に重要な役割を果たしていました。
*参考文献はこちら
http://www.u-tokyo.ac.jp/…/aiming-for-a-future-w…/index.html

患者の脳組織(写真)
黒い点が神経細胞死、繊維状にたまったタウタンパク質(赤矢印)、アミロイドβ(緑矢印)
*東京大学医学部研究所HPより

このアミロイドβという毒性のタンパク質を除去する栄養素がシロ-イノシトールです。

シロ-イノシトールは、ミオ-イノシトールを枯草菌で代謝分解するとシロ-イノシトールが生産されます。

ミオ-イノシトールは玄米の糠に多く含まれている栄養素です。枯草菌は私たちの腸管内に存在している善玉菌です。

この善玉菌が無くなると体内でシロ-イノシトールの生産ができなくなり脳内の毒性タンパク-アミロイドβが蓄積されてしまいます。

イノシトールはカフェインやアルコールの摂取で激減します。珈琲やお酒を飲む方はイノシトールの摂取が必要です。

コメントを残す